ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』レコーディング

0
    こんにちは、スタッフHikariです。
    あっという間に今年も終わってしまいますね。
    皆さんはどんな一年でしたか?

    住友は、年の瀬までレコーディングでした。
    来年の1/19(月)21時〜初回15分拡大
    デート〜恋とはどんなものかしら〜
    出演(杏・長谷川博己ほか)







    台本を読みましたが、思わず笑ってしまうほど面白く、
    テンポのよい会話劇が繰り広げられます。

    Rec前日になって、主題歌2曲のアレンジが追加されることに。
    今回の音楽の特徴は、
    主にベニーグッドマン風な曲と、昭和歌謡のような曲です。
    それに、いつもの住友らしい音楽で構成されています。


    IMGP5811.jpg


    メインテーマはレトロで、ジーン・クルーパみたいな感じ。
    ビッグバンドでかっこいいです。
    ドラマ上で登場する回数も多いと思います。
    監督は、会話劇に出していきたいという提案をされているそうです。

    音効の小西さんは、
    『ライブのように広がって奥行きがある感じではなく、
    ドラマ上では昔の録音みたいなほうが、
    台詞をのせるときにバランスが取りやすいのでは。』
    と、おっしゃっていました。

    この曲は、ドラムのアプローチ次第でいかようにも変化する、と話す住友。
    あの鶴谷さんが「難しい…!」と一言。
    どのアプローチでいくと曲が活きるのか、
    作曲家の意図を汲んで、アイデアを出し合うミュージシャンたち。
    それを時間内に形にしてしまうプロのミュージシャン。





    メインテーマではクラリネットもメロで聴かせます。
    かなり迫力ある曲に仕上がっています。
    聴き応え充分!

    昭和歌謡は、山本リンダさんの『どうにもとまらない』風です。
    こちらもあの柴田さんが「難しい…」と一言。
    ザ・ピーナッツ『ふりむかないで』のアレンジ曲もあります。
    聴いているだけで、不思議と微笑ましい気分になります。
    写譜の戸田さんには、現代の若者にはわからない感覚、と言われましたが、
    私は古い人間なので、わかるような気がします。(一応私も若者。)

    その後、『レイトン教授』のRec以来のVlの真部さん!
    先週に引き続きGtの天野さんも加わり、
    バッチリ決めてくれました。


    IMGP5816.jpg


    IMGP5808.jpg


    IMGP5793.jpg


    余談ですが、
    ベースの鳥越さんは、何やら今年の紅白歌合戦で椎名林檎さんの後ろで登場するらしいですよ。
    皆さんチェックして見てくださいね。

    ブラスのエリックさんは、住友がバークリー時代からの付き合いです。
    先日まで、ももクロのツアーに参加されていたようです。


    IMGP5821.jpg


    谷口さんには今回はBsClaもお持ちいただき、
    アドリブも沢山吹いていただきました。


    IMGP5828.jpg


    一同笑いが出てしまうほど、上手い。
    住友「いつもこの曲を吹いているように吹かれるよね。」
    谷口さん「譜面がないのが嬉しい(つまりアドリブ!)笑。本当に楽しいレコーディングだった!」
    とおっしゃっていただきました。

    宮坂ストリングスの皆さんと住友Pfのハーモニーも、
    毎度の事ながら美しかったです。


    IMGP5831.jpg


    Chayさんが歌う主題歌、「あなたに恋をしてみました」。
    急遽追加になったアレンジ曲は、チェロとピアノのデュオ、そしてピアノソロ。
    ふたりで「歌ものをインストにするのは難しい!」と言いながらも、
    凄くロマンチックに仕上がっています。
    1日でアレンジ、譜面までおこして、住友さん、お疲れさまでした。

    Acc佐藤さん。
    アコーディオンを持ってお帰りになる姿をぱちり。





    今回もソロでバシッと決めてくださいました。
    なんと2テイクでOK!
    アンサンブルの中で演奏するのがすごく好きなのだそうで、
    「木管五重奏とかをやりたいんです。」
    住友「何か考えておきます!」
    今後、面白いことが出来るかもしれませんね。
    なんと噂によると、佐藤さんはけん玉の名手なのだとか。
    今度、ぜひ生で見せてくださいね。

    先日ライブでもご一緒した、
    住友と付き合いの長いパーカッションのFransis Silvaさん。


    IMGP5855.jpg


    ラテンパーカッション小物をたくさん持ってきていただきました。
    パンデイロという楽器、ドラムのような音を奏でることが可能です。
    あのトニーニョ・オルタから、パンデイロで世界一と言わしめたFransisさん。
    他にもクイーカー、へピニキ、タンバリン、ホイッスル(口笛、舌笛?)…
    ホイッスルは全員で教わりましたが、出来るはずもなく。
    まあそうですよね。

    2日目、皆さんが帰られた後は、ひたすら住友がピアノとサックスを。





    メインテーマは、がっつりアルト、テナー、バリトンと続きます。
    大御所・音効の小西さんが、「何でも出来る人は辛いねえ〜。」
    確かに住友本人は辛いですが、一同笑い。

    「今の、ハネかたがダメ!」自分に厳しい住友。
    難易度かなり高いです。
    「自分で作ったのに。」笑
    何パートも重ねるので、結局一人のほうがいろんな意味で効率が良く、
    早く終わるんです。


    Strings 宮坂ストリングス
    Vl Solo 真部裕
    Vc Solo 笠原あやの
    Drum 鶴谷智生
    Bass 鳥越啓介
    A.Guitar 天野清継、今泉洋
    Piano 住友紀人、柴田敏孝
    Accordion 佐藤芳明
    Trumpet エリック宮城、小澤篤土.、高荒海
    Trombone 中川英二郎、半田信英、藤井良太
    Clarinet 谷口英治
    Mandolin 和智秀樹
    Percussion Francis Silva
    Saxophone 住友紀人

    皆さん、ご参加ありがとうございました。

    30日、スタジオにてミックス聴きがありました。
    そこで住友が「音が新鮮すぎてしまう。」とか、「ストリングスがたちすぎてる。」等の
    意見をだし、
    エンジニアの中村さんが音を修正していくという作業。
    サントラも発売決定していますので、皆さんどうぞお楽しみに。

    今年も住友紀人Staff Diary2をご愛読いただき、ありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。
    皆さまにとって、よいお年となりますように。




     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM