『ピースオブケイク』と『アンフェア the end』

0
    こんにちは、スタッフHikariです。


    住友が音楽を担当するドラマ『サイレーン』の主演、
    松坂桃李さん、そして木村文乃さんが出演されている映画『ピースオブケイク』を、
    先日、劇場で観てきました。

    こちらはジョージ朝倉さんの漫画が原作です。
    監督は田口トモロヲさんで、
    実は私は以前、舞台の仕事でご一緒したことがあります。
    どの人物もやさしく丁寧に描かれていましたし、
    きっと誰もが経験したことのあるような、
    甘酸っぱい、愛おしさを感じる青春恋愛映画でした。
    その中でも松坂桃李さん演じるオカマの天ちゃんは、
    ひと際色気があって素敵でした。
    「恋愛でかっこつけてどうすんのよ?」と、
    多部未華子さん演じる主人公の背中を押す一言に、
    胸を打たれた人は多いのではないか、と思います。
    恋愛に限らず、自然体でありのままの自分を出せるって理想ですよね。

    多部未華子さん、綾野剛さんも魅力的に演じられていましたし、
    宮藤官九郎さんなど、豪華個性派キャストにとてもワクワクさせられました。
    個人的には、バイト先がビデオレンタルショップという設定で、
    ロッカーに貼ってあるポスターがウェスアンダーソン監督の『ムーンライズキングダム』だったり、
    劇中の台詞で映画のしりとりをしたり…
    『ピースオブケイク』は、映画好き、演劇好きにはたまらなかったです。
    興味のある方はぜひ。

    その松坂桃李さん主演の10月クールの連続ドラマ『サイレーン』は、
    既にクランクインしたようです。
    住友も現在いくつもの仕事を掛け持ちしながら、毎日作曲に勤しんでいます。
    10月20日(火)夜9時スタート、初回2時間スペシャルです。

    どうぞお楽しみに!

    そして、絶賛公開中の『アンフェア the end』も観てきました!!





    『アンフェア』ファンの期待を決して裏切らない、
    人間の複雑な感情が入り混じる、最後に相応しいストーリー展開だと思います。
    雪平役は篠原涼子さん以外に考えられなかった、と佐藤嗣麻子監督。

    そして、恐ろしいほどクールで残酷な、
    しかし、どこまでも優しく魂が癒される音楽は、
    住友にしか作り得なかったのではないかとも思いました。
    まだご覧になっていない方、
    是非、臨場感溢れる劇場でご鑑賞ください。








     

    New Year's Greetings

    0
      新年あけましておめでとうございます。
      スタッフHikariです。
      旧年中は、格別なご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
      今年一年が皆さまにとりまして更に良き年となりますように。

      住友は、本日から映画音楽の作曲に勤しんでいることと思います。
      今年も皆さまに素敵な音楽をお届けできるよう、
      私も出来る限り、情報をお伝えしていきたいと思っています。
      本年もどうぞよろしくお願いいたします。

      2015年元日 Staff Hikari








      追記

      1/2 住友紀人本人からのコメントが届きました。ぜひご覧ください。
       

      コメントへのお返事。『Time Wanderer』について。

      0
        こんにちは、スタッフHikariです。

        前記事で住友の名盤『Time Wanderer』について
        お問い合わせがありましたので、こちらでご紹介させていただきます。


        数年前、住友さんのサックスを聴いて以来のファンです。
        その頃はもう既に作曲家としてドラマや映画で有名でいらしゃいましたが、
        ライブで住友さんの生サックスを聴いたときの衝撃は忘れられません。
        えっ、ミュージシャンが本業ではないの???と。今回のライブでのMC、笑えますね。
        白鶴山の軽快でノリのいい音楽に、住友さんのサックスが乗っかると、すごく存在感がありますね。何かと話題に上るタイムワンダラー、手に入らないのですが、ぜひ聴いてみたいです。なんとか復活させていただけないのでしょうか。
        (後略)
        2014/05/27 11:19 by noname

        nonameさん、コメントありがとうございました。

        以下、住友からの回答です。

        「Time Wanderer」は僕にとって最も思い出深い作品。
        あのアルバムで僕の音楽スタイルが確立されたような気がします。
        当時僕の一番の理解者、AKAI Professionalの全面的バックアップで実現したこのアルバム、
        実は数年前まで多くのファンのみなさんからのリクエストで神戸のライブハウス「チキンジョージ」レーベルから発売されていましたが、
        現在、在庫も底をつき僕の手元に残っている10枚のみとなりました。

        僕もミュージシャンの端くれ、「聴きたいと言われれば何とかして聴かせてあげたい」と言うのが本音です。
        この際何か策を講じてみたいと思います。
        お楽しみに!









        住友が20代で世に送り出した、この奇跡的なアルバム。
        また聴きたい!ぜひ聴いてみたい!と未だによく言われるのですが、
        私も、ひとりでも多くの方々に聴いていただきたいと思っている名曲の数々。
        聴き終わったあとに衝撃とその余韻が心にずっしりと残り、
        言葉には表せない何かを感じずにはいられません。
        音楽というものを超越して、
        今ここに生きていることも、この世に生を受けてきたことさえも、
        強く、深く、考えさせられるような精神性!








        この音楽を生み出した「住友紀人」という人を想像するに、
        当時から、やはり、ただ者ではなかったのでしょうね。
        本人は自覚していないようですけれど。

        nonameさまのコメントを機会に、
        住友も何か策を講じるつもりになっている様子。
        もしかしたら、この先、何か面白いことになるやもしれません。
        どうぞご期待ください!

        みなさまもご提案、リクエスト等ありましたら、
        ダメ元でコメントしてみてください。
        きっと耳を傾けてくれるはず、です!







        コメントへの返信

        0
          こんにちは、スタッフHikariです。

          またまた嬉しいコメントをいただきました!
          本当にありがとうございます。
          住友からの返信を差し上げたいと思います。

          以下、全文です。


          はじめまして。

          今回の「やまとなでしこ」の記事を読ませていただいて、
          ぜひコメントしたくなって初めて投稿させていただきました。

          というのも、私も「やまとなでしこ」で住友さんの音楽を初めて聴いてからのファンで、
          サントラ発売を待ってすぐに購入しました。

          特に「You are the one」のきらびやかで、
          でもちょっとせつなさが混じる曲とアレンジが大好きです。

          私の結婚披露宴の時には、
          お色直し後のカラードレス入場時にこの曲を使わせていただき、とてもうれしかったです♪
          ドレスでの入場に絶妙にマッチしていたので、
          これから披露宴される方にはぜひおススメします!!

          そんな大ファンの住友さんが、
          徳島県の「すだちくん」テーマソングの作曲をされると徳島新聞で知り、
          私もがんばって応募したのですが、もう歌詞は決まってるんですよね。
          県から何の連絡もいただけないということはダメだったんでしょうね…
          でも、今後お披露目される「すだちくん」のテーマソング、
          そして、これからもドラマや映画など、
          様々な場面で住友さんの音楽に出合えることを心待ちにしています♪

                                 (9月13日 risa様より)


          住友からの返信です。

          またまた暖かいメール、ありがとうございます。
          「やまとなでしこ」放送後、桜子と言う名前の新生児がかなり増えたらしいですね。
          当時若松節朗監督が勤めていらっしゃった共同テレビにも「やまとなでしこ」を観て
          入社を決めたと言う新入社員が何人かいたそうです。
          「やまとなでしこ」のように、みなさんの記憶に残るような作品をこれからも
          ご提供できるよう頑張りますので、ご期待下さい。

          そして「すだちくんのテーマ」、300通近いご応募をいただいたみたいです。
          そこから担当審査員達の厳正な審査のもと24通に絞られ、先日僕の手元に
          送られて参りました。
          公正を期すため僕のところには作者の名前等は伏せられていたため、

          その中にrisaさんの作品が入っていたかどうかは定かではありませんが、
          県から何の連絡もないとすれば今回は残念だったのかも知れませんね。

          悩みに悩んだ末、既に最優秀作品以下3作品は選ばせていただきました。
          僕の提案で最優秀作品1曲とカップリング曲(B面曲的)1曲、
          あわせて2曲を
          近い将来発表させていただくことになると思います。


          「やまとなでしこ」のファン多数!
          今後も世に素敵な音楽をお届けできるよう、我々も頑張って参りますので、
          どうぞよろしくお願いいたします。






          コメントへの返信

          0
            こんにちは、スタッフHikariです。

            当ブログ8月24日付けの記事に、
            先日、嬉しいコメントをいただきました。
            住友も私もとても勇気づけられた次第です。
            ご本人の了解を得て、あらためてこちらでご紹介させていただくとともに、
            住友からも一言お返事を差し上げたいと思います。

            以下、全文です。


            突然の投稿を失礼いたします。
            公式サイトのmailボタンからの投稿ができなかったため、
            非常に勝手ながらstaffさまのブログへ投稿させていただきます。
            もしよろしければ住友さまへ伝えていただけたら嬉しいです。

            ドラマやまとなでしこのメインテーマ、『You are the one』の楽譜を探していたところ、
            住友さまの公式サイトへたどり着きました。

            非常に単純な理由で恥ずかしいのですが、
            私はやまとなでしこに魅せられて客室乗務員を目指し、
            先月から空を飛んでおります。

            やまとなでしこのストーリー自体ももちろん好きでしたが、
            何よりも住友さまが作曲なさった、透き通るようなメインテーマが大好きで、
            就職活動中や厳しい訓練期間はこの曲を聴き、気持ちを高めて参りました。

            飽きっぽい私が、客室乗務員になるというモチベーションを維持し続けられたのは、
            住友さまのおかげです。
            素敵な曲に出会わせていただき、本当にありがとうございます。

            You are the one を聴くと何か心が洗われるような、
            素直になれるような、そんな気持ちになれるので、
            今も毎回の乗務前に聴かせていただいております。

            今日は休みを利用して久しぶりにピアノのある実家へ戻っており、
            耳の記憶を頼りにYou are the oneを弾いております。
            パソコンが得意ではない私は楽譜はまだ探せておりませんが、
            あの素敵なメロディーを自分でも奏でたいので、
            もう少し探してみたいと思っております。

            長くなってしまいましたが、
            いつも私を励ましてくれる曲を作ってくださった住友さまに、
            ひとこと感謝の気持ちを伝えたく、投稿をさせていただきました。
            これからも応援しております。

            朝晩は過ごしやすい気温になり、鈴虫の声が秋を感じさせてくれる季節となりました。
            忙しい毎日を送られていることを想像しておりますが、
            季節の変わり目ですので、住友さまもstaffの皆様も体調など崩さぬようご自愛ください。

                                       (2013.9.7 たむぽぽ様より)








            「やまとなでしこ」、懐かしいですね。
            ファンがとても多い作品ですね。
            私もリアルタイムで観ていました。
            こうして、お力になれたことは本当に光栄なことです。
            いつか生で住友の音楽を聴いていただきたいです。

            以下、住友からの返信です。

            嬉しいメール、有り難うございます。
            僕の方が勇気づけられ、身の引き締まる思いで読ませていただきました。
            「やまとなでしこ」はとても思い出深い作品で、
            あれがドラマ制作デビューだったんですよ。
            「ホワイトアウト」に続き何もわからない僕を大抜擢してくれた若松節朗監督とは
            今現在も新しい作品制作に従事しています。
            このホームページ上で近々お知らせしますので、どうぞご期待ください。

            過酷なお仕事だと聞いております。
            お互い健康には気をつけて楽しく頑張って行きましょう!


            譜面に関して住友は、

            著作、出版物に関してはたとえ作者と言えども自由に譲渡することはできません。
            ごめんなさい。僕にも経験がありますが、譜面を見て練習するより
            少々手間はかかりますが一音一音耳で拾って自分なりの譜面をお作りになった方が
            上達は早いですよ。

            とのこと。
            譜面に関してのお問い合わせは、以前からよくいただきます。
            作品に関して譜面化されているものは殆どありませんが、
            「やまとなでしこ」だけは出版されています。
            まだどこかに出まわっているかもしれません。
            よろしかったら、ネット等で探してみてくださいね。
            サウンドトラックの購入はこちらから。

            これからも住友音楽がもっと多くの方のお耳に届きますように。
            住友は今日も作品作りに勤しみます。
            たむぽぽ様、本当にありがとうございました。






            某ライブにて。キーボードを奏でる住友のゴールドフィンガー!








            | 1/1PAGES |

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM